FC2ブログ

りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/02

ドイツ旅行記4-10 ドイツの、ちぃ

ファンタジー世界の風景を求めて一人旅。
2010年11月17日~24日に行ってきたドイツ旅行の日記です。
現在4日目の夜21時頃です。
ゲーマー的視点で旅の見聞をつづっております。

■旅の行程
1日目:国際都市フランクフルト
2日目:世界水準の田舎町ヴュルツブルク
3日目:庭園の町ファイツヘーヒハイム
     城塞都市ローテンブルク
4日目:ローテンブルク散策
     赤い石の街ハイデルベルク(←今ココ)
5日目:ハイデルベルク郊外
6日目:産業都市ケルン
     葡萄酒の町リューデスハイム
7日目:フランクフルト空港


ドイツのオタクゲーマーとの夕食の後は、
ビョーンさんの実家へ。
この日と翌日は、厚意で泊めてもらえることになっていたのです。
本当にありがとう~。

ちなみに、ビョーンさんの家族、
両親も妹さんもみんな学校の先生で、
お父さんはなんと高校の校長先生だそうです。
一時期は家に日本の留学生がホームステイしていたとか。
なんとも由緒正しいお家だ~。

みなさん、本当に暖かく迎えてくださって、
ドイツ語も英語もできない僕は恐縮することしきり。
お母さんは英語の先生とのことで、
「言葉が話せないのに、よく海外旅行する気になったわね」と
逆に驚かれてしまいました(笑)

泊まらせてもらった部屋は、
前にホームステイに来た日本人学生が使っていた部屋。
蛇腹式の暖房器具(日本に帰って調べたらオイルヒーターというらしい)
が良く効いていて、とても暖かい。

それにしても、外は日本の真冬並だというのに
なぜ家の中はこんなに暖かいのか、が非常に不思議。
夜中、暖房を切っている時間でもかなり暖かい。

これも後で調べてみたら
ヨーロッパで主流のレンガ造りの家は、断熱性が非常に高いとのこと。
一度暖めれば、温度が長続き。なるほど、石窯みたいなものかな。
逆に日本の家屋は、夏の暑さ対策重視で設計されているため
通気性に重点が置かれていて、どうしても部屋が冷えやすいのだそうな。

ちなみに、帰国後に行きつけの美容院でこの話をしたら
日本でもオイルヒーターは売っているらしく、
美容師のお姉さんの実家にもあったが、電気代が凄いのでもう使っていないとのこと(笑)

そして寝る前に、気付いたもの。
部屋の本棚に
いろいろな本が雑多に並んでいるのですが、その中に……

chobits.jpg

「ちょびっツ」のドイツ語版が!
そういえばビョーンさんはCLAMPの漫画が好きって言ってたね。
日本の単行本と違って、カバーが無いペーパーバック(でも値段は日本よりちょっと高い)。
そして1ページ目に、コマを見る順番が説明してあります。
なるほど、日本のコミックの読み方は独特なんだな、と。

それにしてもまさかこんなところで
馴染みの漫画に合うとは……。
日本を思い出してリラックスしてゆっくりお休み、という配慮なのか。
そんな感じでこの日は眠りにつくのでした。

つづく(土日は更新をお休みします)
関連記事

≪ ドイツ旅行記5-1 巨大な城の廃墟ホームドイツ旅行記4-9 ドイツのオタク達とごはん ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。