りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/17

地震当日のテーブルトークカフェ

しばらくドイツ日記も止まってしまいましたが、
僕は無事に過ごしております。ご心配をおかけしました。


先週金曜の地震が起こった時は
ちょうどテーブルトークカフェに出勤する直前で、
家でシャワーを浴びていたタイミングだったので
さすがに慌てました。

シャワー中にヒゲを剃っているときに揺れが来て
「ずいぶん長い揺れだな」
と思っていたら、どんどん揺れが激しくなってきて、
その場で裸だっただけに
「何か壊れて落ちてきたら大ケガする! しかも外に逃げられない!」
とビビっていました。

風呂を出ると、部屋の被害は机の上のコルクボードが落ちている程度。
本棚等はつっかえ棒をしっかりしていたおかげで倒れていませんでした。
(ちなみに部屋は鉄筋コンクリートマンションの4階です)

着替えた後、
とりあえず落ち着くためにPSPでタクティクオウガを起動し
編成画面を数分だけプレイ。
同時にテレビを確認したら、津波やコンビナート炎上の中継が流され
まるで特撮映画を見ているような現実感の無さ。
携帯をかけてみるも誰にも通じないでいたところに、
実家からは電話がかってきました。
どうも地方からの通話は可能だったようです。

それからすぐに職場の状況を確認すべく出発。
いつものように自転車で神田のテーブルトークカフェに向かったわけですが、
通勤ルートの京葉道路の歩道はすでに会社帰りの人で溢れ始めていて
かなり異様な光景でした。
普段はこんな平日の昼間に、大勢の人が歩いているはずないのです。
どうやら電車が完全ストップしているようで、
徒歩で遠方まで帰宅しようとする人たちで大通りが混雑していたのです。

1時間ほどかけてテーブルトークカフェに着いてみると、
店内は棚から落ちたボードゲーム、カードゲーム類が散乱している状況。
ただ、やはりこちらも棚が落ちたり倒れたりはしていなかったのは幸いです。

RIMG0009_convert_20110317165347.jpg

店のパソコンからツイッターを確認してみると、
店長の書き込みがあり、店に行けそうなのはどうやら僕だけだった様子。
急いでやって来て正解でした。

ツイッターには「店を開けているので一時避難所として使って下さい」
というお客様向けの情報を書き込み、そして店内の片付けへ。

片付けを行っている最中に18時の開店時間になったのですが、
やはり交通マヒで帰れなくなった方が、たくさん店にやってきました。
大井町や新宿などから数時間歩いてたどり着いた、
という方もいて、外の交通マヒぶりには驚くばかり。

お店を朝まで避難所として無料開放しておくことにし、
集まった十数名のお客様とボードゲームをして過ごしていました。
遊ばれたゲームは、カタン、ドミニオン、カルカソンヌ、
シャドウハンター、ブルームーン、ダチョウレース、ラー、
操り人形、魔法にかかったみたい、などなど。

店内ではUストリームでニュース中継を流していましたが、
ご存知の通り悲惨なありさまが伝えられるばかりで
本当に心が痛みます。

とはいえ
交通マヒ、という全く身動きがとれない不安な状況の中でも
アナログゲームという「集団で気を紛らわせるもの」が
いくらでもあったというのは幸いだったと思います。

また、深夜に陣中見舞いに来て下さった近隣のお客様もいて、
本当に心温まる思いでした。

朝方近くなってくると、仮眠を取られる方も増えてきたので
僕はウォーハンマーミニチュアのペイントをしながら待機中。
筆を使う作業は、程よく集中できるので眠気覚ましに最適。

ちなみに、仮眠を取らず「こんなに長く遊べる機会を逃してなるものか」
と遊び続けているお客様も多くいらっしゃいました(笑)

朝の開店時間の前にはバイトの内山さんが
差し入れのサンドイッチを山ほど持ってきてくれて
お客様ともども大助かり。

電車も少しずつ動き始め、ほとんどのお客様が帰宅の途につかれました。
昼過ぎにはスタッフの片野さんも来たので
僕も交代できることになり、とりあえず休息のため家に帰ったのでした。

帰って疲れでぐっすり眠れた……かというと
やはりあまり眠れませんでしたね。定期的に揺れも続いていましたし。


あれから6日経ちましたが、計画停電の影響もあり
まだまだ交通状況は不安定です。
テーブルトークカフェはしばらくの間、
一時避難所としての価値がありそうです。

さすがに、予定していたセッションにも中止が相次いでいますが
お店は変わりなく営業を続けていきたいと思っています。

TRPGは、たとえ途中で停電したって続けられますからね!
関連記事

≪ ドイツ旅行記4-9 ドイツのオタク達とごはんホームドイツ旅行記4-8 大通りをぶらぶら ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。