りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/01

ドイツ旅行記4-1 暗闇の中世都市を探索

ファンタジー世界の風景を求めて一人旅。
2010年11月17日~24日に行ってきたドイツ旅行の日記です。
現在4日目の朝4時頃です。
ゲーマー的視点で旅の見聞をつづっております。

■旅の行程
1日目:国際都市フランクフルト
2日目:世界水準の田舎町ヴュルツブルク
3日目:庭園の町ファイツヘーヒハイム
     城塞都市ローテンブルク
4日目:ローテンブルク散策(←今ココ)
     赤い石の街ハイデルベルク
5日目:ハイデルベルク郊外
6日目:産業都市ケルン
     葡萄酒の町リューデスハイム
7日目:フランクフルト空港


ドイツ旅行の行程も半分を過ぎました。

部屋を出る前に、
窓を開けて外の温度を確かめてみたところ、かなり寒い!
ロングマフラーにフライトキャップ、毛糸の手袋の
フル装備でお出かけです。

昨日のヴュルツブルクの早朝散歩は山道がメインでしたが、
今度は町歩きがメインです。
オレンジ色の街灯が照らす石畳、そして石造りの建物は
まさに魔法的な美しさ。

人とすれ違うこともなく、車の音もなく。
箱庭の町を旅しているよう。

SANY0140.jpg

こちらは昼も写真を撮った市庁舎。
夜の間もライトアップされています。

少し町なかを歩いたあと、
昼から気になっていた城壁に登ることにしました。

SANY0136.jpg

左手にある木の階段から、城壁の上に登れます。
上は真っ暗ですが、100円のペンライトがあるから大丈夫!
と自分に言い聞かせて恐る恐る上へ。

城壁はぐるりと町を取り囲んでいます。
壁の上部、町側の壁に木の廊下が取り付けられていて、町を上から眺めながら散歩ができます。
矢狭間からは町の外が……真っ暗ですが見えます。

木の廊下自体を何枚か写真に撮ってみたのですが、
真っ暗すぎてほとんど写ってませんでした。

ペンライトがあるとはいえ、
床に穴でも空いていたら気付かず落ちてしまうだろうな
と思うくらいの暗い廊下です。
ココまで来ると「怖い」というより
「やった、俺ダークファンタジーの主人公!」
みたいな気分でハイになって歩いていました。
フロムソフトウェアのゲームだったら、
廊下が崩れて死ぬ場所が絶対あるね! とか思いながら。

SANY0138.jpg

木の廊下から隣の建物をパシャリ。
ほとんどが民家ですが、ちゃんと伝統的な木組みの家で凄い。

しばらく民家を見ながら歩いていると、
窓から怪訝な顔でこちらを見上げている若い女の人がいました。
思わず手を振って挨拶をしてみましたが、反応はなく。
もしかしたら城壁辺りは暗すぎて
ペンライトの明かりしか見えなかったのかもしれません。残念。

廊下は大きな門に差し掛かり、行き止まり。

SANY0139.jpg

そこには下り階段があり、
次なる散歩道を探して降りていきます。

つづく。
関連記事

≪ ドイツ旅行記4-2 ゲルマン・ウィルオウィスプホームドイツ旅行記3-18 水に困り、水に癒される ≫

Comment

写真だけで何かわくわくしますねー。
ダンジョンの中や、民家の隠し通路みたいですよ!

ひおうさん
ホントにゲームの中の風景のようでしたよ~。
逆に言えば、ゲームのグラフィックって
相当リアルに中世の雰囲気を再現していたんだな、
と気付かされます。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。