りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/27

ドイツ旅行記2-7 要塞の周囲を探索

日曜日の夜から高熱で倒れていまして
ようやく復帰しました。ご心配をお掛けしました。
今は熱は引いたのですが、顔中に湿疹が出て非常に痛いです。
旅行記は今日よりぼちぼち再会です。

* * *

SANY0033.jpg
要塞内で営業しているレストランの看板。
ドイツのお店の看板はどれもこれも非常に美しい!
しかし昼時にも関わらず人がほとんどいなかったが、大丈夫なのだろうか。

ホールを一般に開放されている棟もあり、
受付カウンターなどもありました。
SANY0034.jpg
日本語表記もある!
会議室ってことは、ここでTRPGをすることもできる、と。
すごいな~、本物の城の中でTRPGが出来るなんて。
ファンタジーものなら臨場感バッチリだよ(笑)

ちなみに、要塞内に博物館もあったのですが
シーズンオフで入れませんでした。
仕方がないので、城壁外部をぐるりと回る散歩コースに。

SANY0038.jpg
これを見て思ったのは、
ファミコンの「迷宮組曲」は、
結構リアルに城を再現してたんだなということ。
そっくりじゃない?

SANY0039.jpg
要塞の裏口らしきところ。
壕にかかる橋が中世を感じさせる(自分的に)

SANY0029.jpg
ここを通るには「ろうやのかぎ」が必要だぜっ。たぶん。


SANY0041.jpg
いつでもモンスターが現れそうな雰囲気。
亡霊騎士とか、最高に似合いそう。

ひとしきりマリエンベルク要塞をうろうろして、
満足したので丘を降りることに。
途中休憩がてら、ベンチに座って観光マップを広げ、
次に行く場所をどこにしようか考えてみる。
せっかくだから丘の上から見えた、いくつかの教会に行ってみよう。
SANY0014.jpg

つづく。
関連記事

≪ ドイツ旅行記2-8 いきかえらせる、のろいをとく、どくのちりょうホームドイツ旅行記2-6 その井戸の底には ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。