りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/16

仮面ライダーディケイド劇場版(ネタバレです)

「オールライダー対大ショッカー」見てきました。
今年一番楽しみだった映像作品。
以下に率直な感想を……。



映像とアクションは見所満載!
だけど設定とストーリーは投げっぱなし!

大ショッカー、もっと真面目な組織だと思ってたよ。
トップの安易な交代といい、幹部の酔っ払いオヤジぶりといい、
さっぱり理解出来ないです。
あれだけ命を懸けて頑張った戦闘員が報われない(笑)
元々昭和ライダーって前半がシリアスで
後半がややコミカルになる傾向があったけど、
ディケイドも最後の最後でこれか……。
死神博士がイカでビール……。
ゾル大佐やブラック将軍がいたら、どんなギャグを見せてくれたのだろう。
ドクトルGは素で笑えるからいいとして。
あ、そういえば大ショッカーのジャーク将軍はギャグやんなかったな。
声優が元の人、つまり本人だったからだろうか。
もうどうせだったらシャードームーンも一発ギャグ見せなよ。

最強を決めるライダー同士の対決は男の子的に非常に燃えました。
もっとじっくり見せて欲しかった!

自然対決のアマゾンVS響鬼(ディケイド)
太陽対決のブラックRXVSカブト(ディケイド)
棒術対決のエックスVSクウガドラゴンフォーム
甲虫&電気対決のストロンガーVSブレイド
赤色対決のゼクロスVS龍騎
青空対決のスカイVSイクサ

他にはどんな組み合わせだったのか非常に気になるところ。
妄想してみると・・・・・
メカ対決の スーパー1VSファイズ
怪奇または帝王対決の ブラックVSキバ
ベルトにシンボルが3つ対決(苦しい)の V3VSアギト
一番人気対決(……)の 1号VS電王
強面対決の シンVSアナザーアギト
ジャーナリスト対決で2号VS龍騎ってのもありだなあ。
ディレクターズカットでは全対決の様子をぜひ。

それにしても
どうしても思い入れの差で、ディケイドが勝つことに納得出来ない。
ライダーバトル決勝が3対3のチーム戦で
対戦相手がV3、スーパー1、ブラックってあんた、
どう見ても絶対勝てません、最強過ぎる組み合わせです、ホントごめんなさい。
なわりにあっさり勝っちゃうディケイドには、かなり納得いかない……。
チームワークでも明らかに負けてるのに。

ラストの全ライダーVS怪人軍団の戦いは
先にシンケンジャーの1万人外道衆合戦を見ていたから、
むしろ人数が少なく見えてしまった。
逆の順番の映画館(3D上映だと先にライダー)に行くべきだった(笑)

1号2号の背中合わせの戦闘スタイルはやっぱり燃える。
元祖ダブルキックも最高のカタルシス。

クウガのライジングアルティメットは外見の割に弱ッ! 泣けるで。

アギトはせっかく翔一君が出たんだから、もっと活躍させても。
っていうか主役平成ライダーの中で一番影が薄かったような。
自分の中ではアギトは動きが「戦いのプロ」って感じで、
凄く強いイメージなんだけど。神倒すし。
王蛇や地獄兄弟、イクサとか出してる場合じゃないよ(笑)
この人達ライダーミュージカルでも大活躍だったけど、凄い愛されっぷりだなあ。

全員ライダーキックはキングダークに使おうよ。
シャドームーン1体に向かって使うのは大人げないよ!
新人のダブルにもボコられるし、凄い可哀想に見えてしまった。

ううむ、全体的にどうもツッコミ所が多いな。悪くはなかったんだけど
「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」並の感動
(映画館の客席でボロボロ泣いた。しかも2回観に行って2回とも)
を期待してしまったのがマズかったか。
出てくるライダーが「本物のライダー」ではなくて
「ヒーローショーのライダー」に自分には見えてしまう。
確かに効果音は当時のものなんだけど、
声は違うし人間体は出ない。
ライダーはウルトラマン以上に人間の姿に意味がある作品だから
余計に気になってしまいます。

やむを得ない事情とはいえ、
それでも僕は、歳を重ねた当時の役者さんたちの変身ポーズが観たかった……。
出てくるライダーが大幅に減ったとしても、
それだけは見せて欲しかった。
(だからテレビ本編でのブラックの回は最高でしたね!)

やっぱり比べてはいけないと思いつつも、
ウルトラマンメビウスの成功例と比較してしまうなあ……。
「過去作品へのリスペクトとはこういうものだ!」っていう究極の形を
見せてもらったから。

次の「オールライダー映画」では、
その雄姿が観られることを願ってやみません。


ところで
ファミコンの「仮面ライダー倶楽部」を彷彿とさせるシーンがあったのは
何なんだろう(笑)
・オープニングのアマゾン対ディケイド
 猛ダッシュで近付くアマゾンとディケイドをカメラは真横から。
 戦闘画面そっくり。「ポコ」っていう字幕が心の中に見えた。
関連記事

≪ りゅうたまリプレイ4巻発売とJGC参加ホーム音楽イベントその2 平成仮面ライダー十年祭 ≫

Comment

この二本立てはシンケンジャーのほうが楽しみなのですが、短いと聞いていたのでこの映画はライダーが本命なのかと思っていました。

出てくるライダーや敵キャラがほとんど「知ってるのは名前だけ」な状態です(笑)
チーム戦の面子ではこの間見たブラックだけわかります。
ディケイド側は他に誰だったんでしょうね、熱い男たちなメンバーではなさそうですが。

>ひおうさん
コメントありがとうございます。
でも観る前に期待度を下げるネタバレしてしまってすいません……。
ライダーはさすがに過去作品を知っていないと
ちょっと盛り上がりにかけるかもですね。
でも、写真館のお爺ちゃんには注目です。

シンケンジャーは時間が短いながらも
完璧な脚本で面白かったですよ!
も~、殿はホントかっこいい。
ぜひぜひ観て下さい。

ステーキハウスでの一件はこの映画を指してたのですね!
連日、映画館も大行列みたいです。

エヴァが抜かされそうでしゃくですが(笑)

>鉄子さん
ステーキハウスでの一件、そうそうコレだったのです!
倉田てつをさん、映画には一瞬しか出てなかったですけど、
テレビ本編では2話に渡ってゲスト出演されてました。

いやいや、エヴァ破の脚本の素晴らしさに比べたら、
オールライダーは……。
僕的にはエヴァ破は今年一番の神映画です。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。