りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/22

ファミコンバンド:シンフォニックステージ

FCB http://famicomband.org/about_fcb.html
のライブ感想、いよいよ最後です。

3面は「シンフォニックステージ」と銘打ち、
休憩が開けて登場した演奏者達30名あまりが、
なんと正装に着替えている!

これまでのチープな仮装集団(失礼)はどこへやら
圧倒的にフォーマルな雰囲気に。

確かに
プログラムに刻まれた演奏曲のタイトルを見れば
こちらも身が引き締まる思いです。

そう、ここからはファミコンの音楽ではなく、
スーパーファミコンの歴史的名曲なのです。


「アクトレイザー」
スーパーファミコンの本体同時発売タイトルの一つ。
スーファミの美しいグラフィックと、
音色の表現力の高さを世に知らしめた名作。
その後も、ソウルブレイダー、ガイア幻想記、天地創造
などの名シリーズを手がけるクインテットが制作。
ちなみに僕はソウルブレイダーが圧倒的に好きです。
剣を振ったときの手応えが一番気持ちいいから。

演奏された曲は僕の記憶が確かならば、
「オープニング~天界~ステージに入るときの音~ステージ1~ボス戦」

元々迫力あるオーケストラ風の音楽だったけど、
生演奏で聞くとこれほど迫力のあるとは。
特に大好きだったボス戦の音楽は、
今回のライブの中でもナンバー1の聴き応えだった!
バージョン違いも聞きたかったな~。


「ファイナルファンタジーIV」
最後に来た、超メジャータイトル。

MCで「サントラ全曲やります」って言われたときには、
ウソー!? って感じだったけど、いやこの人達ならやりかねない、と。
全50分の長丁場。演奏者の皆さんはホント凄い。
どんだけ体力あるんだと。ここまでの寸劇ですでにかなり動いてるのに。
愛だねえ~。

ただFFの曲はプロ、アマ問わず
あちこちで質の高いアレンジ版が公開されているので
インパクトを与えるのが難しいタイトル……と個人的には思います。
特にバトル曲はね。

そんな中、今回の演奏で感動したのがフィールドの曲。
おおお、なんて壮大なんだ。管楽器の音がホントにかっこいい。
自分があの世界に立っているかのような高揚感。
名曲だけどアレンジでは滅多に出てこない曲なので、
聞けて嬉しかったですね。

フィールド繋がりで、地底の曲と、月の曲も印象に残ってます。
特に月面のあの不思議な、なんともいえないメロディは
生で聞くと、さらに不思議な感じ。

味のあるカルコブリーナの曲も聴けて大満足。
パロムとポロムの曲は木琴が凄い頑張ってた(笑)

もちろん一番期待の四天王戦の曲は……
なかなか来ない。
おやー? と思ったら、ラストダンジョンの次に来た!
ひっぱっただけあって、素晴らしいものでした。
やはりFF4と言えば、これでしょう。サマカンテ、いやルビカンテ!

「愛のテーマ」を初めてとして
フルートがメインの曲が多かった気がするので
フルートの方(女性)のスタミナに素直に感動しました。
余談ですが最近の小学校の音楽の教科書には
この「愛のテーマ」が載っているそうですね。うらやましい。
でもこの曲ってセシルとローザの愛よりも、
まず失恋したカインの切なさを思い浮かべる曲だと思うんですが……。

そして50分に及ぶ演奏が終わると、
観客席から「ブラボー!」の声が。
こ、これが……!
のだめカンタービレの世界はホントにあったんだ!(笑)

ちなみにアンコール曲は
「テトリス」と
「スペランカー(他スクーンなど発光ダイオード付きゲームソフトメドレー)」
最後は見事にファミコンのオチを付けたな!

というわけで、3回にわたる「FCB 9thライブ ~の挑戦状~」の記事も
ここでおしまい。

演奏側の愛と情熱が、これでもか!
と伝わってくる素晴らしいライブでした。
これは確かに千人も集まるよ。
自分も楽器の一つも憶えておけば良かったな、と(笑)

楽器や演奏技法の専門的なことはよく分かりませんので、
もしかしたらヘンなことも言ってるかも知れませんが……。
まあしかし古いゲーマーにとっては最高のライブだったってことです。

次回の演奏がありましたら、みなさんもぜひ!
そのときはまた、こちらで紹介しますね。
関連記事

≪ せつない系 怪獣歌ホームD&Dv3.5「赤い手は滅びのしるし」休日キャンペーン ≫

Comment

コメント遅くてすみませんです。


これはすごいw
もっとちっちゃなライブなら何度か行ったことあるんですけど、この規模はすごいですね!

あああ、最近この手のライブ行ってないから久々に行きたい!
でも関東が遠くなってしまって・・・うへぇ

>AZANAMARUさん
東京はびっくりするくらいこの手のライブがありますよ~。
ぜひ聞きに来てください。
それか岡山で自力開催!

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。