りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/12

ドイツ旅行記5-9 セーブポイント発見

2週間ぶりですが、旅日記にの続きです。

010年11月17日~24日に行ってきたドイツ旅行の日記です。
現在5日目の昼過ぎです。
ゲーマー的視点で旅の見聞をつづっております。

■旅の行程
1日目:国際都市フランクフルト
2日目:世界水準の田舎町ヴュルツブルク
3日目:庭園の町ファイツヘーヒハイム
     城塞都市ローテンブルク
4日目:ローテンブルク散策
    赤い石の街ハイデルベルク
5日目:ハイデルベルク郊外(←今ココ)
6日目:産業都市ケルン
     葡萄酒の町リューデスハイム
7日目:フランクフルト空港

山の上の廃墟探索の続きです。
修道院の廃墟を後にし、山道の散歩へ。

登るときはタクシーで上まで来たものの、
せっかくなので下りの道は歩くことに。
この山道は「哲学者の道」という名で
カント、ヘーゲル、ゲーテなどがここ歩きながら
思索に耽ったといわれています。

我々もとりあえず哲学者っぽいポーズで道を歩く。
会話内容はもちろんゲームの話だけど……

木々の隙間から見えるハイデルベルクの街
CIMG8007.jpg

山道の途中で見つけた見張り塔の遺跡。

CIMG8009.jpg

我が目を疑うとは、このこと。
「ワンダと巨像」のセーブポイントにそっくり!

CIMG8006.jpg

どこかに、食べると握力が増す
光るトカゲが潜んでいるはず!

CIMG8010.jpg

もう1つ見つけた塔。これもまたソックリ!

「ワンダと巨像」のゲーム内では
世界のあちこちにある小塔がセーブポイントでした。
小塔は場所ごとに様々な形があります。
塔の壁に、もたれて休むことでセーブ終了。

今思えば、僕ももたれた状態で写真を撮ってもらえば良かった。
惜しいことをした……!

どの塔も中に階段があり、
ちゃんと上に登ることができました。
ただでさえ山道歩きなのに
塔の上り下りもあって、かなり足にキました。

降りるのに小一時間くらいかかったことを思うと
山の標高は200~300mくらいでしょうか。
山としては低いけど、散歩道には充分。

ドイツ人は散歩好きと、どこかで聞いたことがあるけど
まさか、ベビーカーを押して山を登っている家族と
すれ違うとは思わなんだ(笑)

僕とビョーンさんが山を下りて街に戻る頃には
辺りも暗くなり始めていました。

つづく。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。