りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/07

PSPリメイク版のペルソナ音楽

PSP版のペルソナ1出ましたね!

プレステのRPGの中でも、かなり思い出の多いペルソナ1。
シビア過ぎる戦闘バランスと、読み込み時間の長さでトラウマを残すも、
グラフィックと音楽、シナリオの良さで
高2の当時かなり感動したものでした。

さて、リメイク版ですが、ゲームをプレイする時間はないので、
サントラだけ聞かせてもらいました。

感想:見事にペルソナ3と4化してる!(良い意味でも悪い意味でも)

3と4のボーカル曲を使った良さを
まんまペルソナ1に持ってきている感じです。
唄は3の川村ゆみさんです。

主題歌や戦闘の曲を重点的にボーカル化。
恐ろしくスタイリッシュでカッコイイ。相変わらず神曲!
主題歌「Dream of Butterfly」、
4でいうところの放課後晴れの日っぽい「School Days」
ザコ戦「A Lone Praye」
たぶんボス戦?「Let butterflies spread until the dawn」「Bloody Destiny」
をヘビーローテーションしています。

しかし今見ると旧いあのゲーム画面にこの曲は合わない気がする(笑)
グラフィックはまんまらしいですが、
3以降のグラフィックとシステムに変えても良かったのではと思いました。
音楽を引き立たせるために!(本末転倒)

何より驚いたのは
ほとんどがプレステ版のアレンジではなく
新曲に差し替えということ。

原曲も名曲揃い、
というかペルソナ1以外では聞けないテイストの曲が多かったので
無くなってしまったのは残念でもあります。
特に一連のダンジョンの曲と戦闘の曲。
ダンジョンの曲は全くRPG向けの曲ではない感じなのに、
妙にペルソナ1には合ってるんですよね。
ダンジョン~警察署、カーマ宮殿、デヴァ・ユガとか。
戦闘の曲は、どのタイミングで曲が切れても「戦闘終了のメロディ」に
繋がることに当時びっくりした憶えがあります。
そしてボス戦の曲は体温上がるほど熱かった。

まあアレンジしたらしたで、
ファンには文句を言われそうなので難しいところではありますが……。
特にプレステ版ペルソナ1の多くを作曲された青木秀仁さんはすでに
亡くなられているので(最近知って驚きました)
アレンジし辛かったのかもしれません。

このリメイク版の作曲の大半は
ペルソナ3で一気に名を上げた目黒将司さん。
僕も元々好きな作曲化さんではあったけど、3で衝撃を受けて熱心なファンになった感じです。
ちなみに、レビューサイトなんかでは
「ポップで明るい目黒さんの音楽は
 従来のダークなテイストの女神転生に合わない」
と言われていたりしますが、
真・女神転生IIIやライドウシリーズで目黒さんは
実にメガテンらしいダークな音楽を数多く創っています。
特にライドウでは大正時代というレトロな雰囲気を実に見事に音楽で表現しています。
なので、今回は「ペルソナ3、4っぽく」という指示があったのではないかと推測しています。
だってペルソナ3と4のサントラは
ゲーム業界では異例と言われるほど売れたから(笑)

さて、とりあえずさっそく
TRPG版メガテンのペルソナ4キャンペーンでBGMとして使ってみよう。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。