FC2ブログ

りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/01

D&Dv3.5「それなりにストーリー重視」キャンペーン

D&Dv3.5「それなりにストーリー重視」キャンペーン

2006/10/1~
■開催ペース 休祝日・月1~2回
■セッション時間 AM:11:30~17:30

TRPG初心者が多くを占めるメンバーのキャンペーン。
いきなりTRPGの中でも
最も戦闘重視でデータの多いD&Dというのがなんとも(笑)

できる限り柔らかくいきたいと思っています。
スポンサーサイト

2006/10/03

ありがとうウルトラ兄弟

映画
「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」
を観に行って来ました。

僕にとっては
今年最大の注目作品です。

あのウルトラ兄弟が
「当時の役者のまま」スクリーンに甦る!

保育園から小学生当時、
ウルトラシリーズが好きで好きでしょうがなかった僕にとっては
まさに期待の作品です。

リアルタイム世代ではないけれど、
再放送とレンタルビデオでずっと観続けていました。

小学生の時の僕の日記に、
よくウルトラマンを観た感想が載ってるんだよな~(笑)


予約していた特典付き前売り券が届いたのが、つい先日届いたので
さっそく朝一の回で観に行ってきました!
(劇場公開自体はもう3週間ほど前から始まっています)



開始5秒で、もう目頭が熱くなってきました。

タイトルロールと
そのあとに続くオープニングシーン・・・

ココだけですでに僕の目に涙が滲んでいます。
やられました。ヤバイです。

テレビでやっている現役ウルトラマン、メビウスよりも
明らかにウルトラ兄弟がメインです。

製作者側のウルトラシリーズに対する愛と情熱が
これでもかというほど画と音に現れています。


そして物語は進み、
勢ぞろいする人間体のウルトラ兄弟達。

役者は40年前のまま!

ハヤタが! ダンが! 郷が! 北斗が!

彼らが今も生きてる。動いてる。
素晴らしいのは
単なるお祭り的な唐突な登場では無く、
彼ら兄弟が
ちゃんとストーリーとして重要なポジションにいること。

これまでの40年間、
なぜウルトラ兄弟たちが地球にいたのか
非常に丁寧に描かれています。

変身前の兄弟達は、
性格や仕草までちゃんと当時のものを踏襲しつつ、
そして40年の時間の流れを感じさせる渋い演技。

流れるBGMもそれぞれの主題歌や
名曲「ウルトラ六兄弟」のアレンジ。

過去作品の映像も「ここぞ!」という場面で使われます。

主役は完全にウルトラ兄弟たちと言ってもいいでしょう!

すでに60歳を迎えようかという年齢に達した
当時の主役たちが
当時のままの変身ポーズでウルトラマンになる・・・



もう劇中で何度泣いたか分かりません。

「泣くほど感動」とかの比喩じゃなく
本当に涙が止まらなかったです。

ハンカチで涙とハナミズを押さえながら映画を観たのは初めてです。

周りの客席の子供もビックリですね。
なんだ、このお兄さんはって感じですね(笑)

いやきっと、そんなお父さんも多かったんじゃないかなあ・・・
直撃世代じゃない僕ですらそうなんだから。


ブログを書いてて、
あの感動を思い出してまた泣けてきました(涙)

観てよかったです。予想を遥かに超える素晴らしさでした。


古い時代のウルトラマンが好きだった方は
ぜひ、観に行ってみてください。

小さかった時の感動が必ず甦ると思います。
ウルトラマンに憧れていたあの時に、
きっと戻れるはず。

2006/10/05

D&Dv3.5 「オリエンタル風冒険シナリオシリーズ」キャンペーン

D&Dv3.5 「オリエンタル風冒険シナリオシリーズ」キャンペーン

2006/10/5~現在進行中
■日程  隔週・木曜
■開始時間  19:00~23:00
■PL人数  5人


9月30日のHJ公認初心者向けセッションにて集まったメンバーが
元になって出来上がったキャンペーン。

どういうわけか
サムライ、ニンジャ、ウーイァン、シュゲンジャで
構成されたパーティだった(初心者向けなのに・・・)

そのため、正規キャンペーン化してからも
オリエンタルクラス縛りでセッションを行っている。
新しく増えたキャラクターもモンク。

シナリオは「D&D冒険シナリオシリーズ」を
使用しているが、
ところどころ微妙にオリエンタルアレンジされていて、
定期的に商人屋敷への討ち入りシーンが挿入される。
基本は水戸黄門風D&D。

2006/10/18

ドラゴンのでてくる映画を4つ

言うまでも無く岡田はドラゴンが好きです。

ドラゴンは空は飛べるし、ブレスは吐けるし
大きいし、カッコいいし、ちっちゃい時はカワイイし
いろんなタイプがいるし
うん、なんと言うか人類のロマンが詰まってますね!(力説)

そんな岡田が今、ドラゴンにまつわるお仕事をしています。
内容はヒミツですが、とにかくドラゴン漬けなのです!

いやぁ、楽しい。

というわけで
最近は資料としてドラゴンの出てくる映画をレンタルで見ていました。
(マジ忙しいので他の作業をしながら見ていたり、ですが)


「ドラゴンハート」(1996年)
かなりメジャーな映画ですね~。中世のイギリスが舞台。
ドラゴンのドレイコがカッコかわいい!
怖いはずのドラゴンが愛嬌たっぷりに描かれています。
こんなドラゴンと友達になれて、旅が出来る主人公が羨ましい・・・!
いいな~いいな~。
物語の規模は小さいですが、心にぐっと来るお話でしたね。


「サラマンダー」(2002年)
ドラゴンの侵略を受けた近未来、が舞台。
こちらは凶悪なドラゴンの群れが世界を滅ぼしまくってます。
群れは怖いよ、群れは!
戦車やヘリの近代兵器でドラゴンに挑む話なんですが、
結局は戦い方がわりとファンタジー。
スカイダイビングでドラゴンに空中戦を挑んだりとか(笑)
4つの映画の中ではこのサラマンダーに出てくるドラゴンのブレスが
一番強力でした。畑も城も燃え放題~。


「ドラゴンストーム」(2004年)
中世ヨーロッパの城塞都市を襲うドラゴンと戦うお話。
街がやたらと狭そうなんで、きっと低予算なのでしょう(笑)
主人公はレンジャーで弓の達人なんですが、
最後は二刀流で戦います。こいつD&Dのレンジャーじゃないか!?(笑)
他にも中国から来たモンクや、
バリスタを発明するカワイイ少女、
クロスボウの達人のお姫様などがドラゴン退治の仲間に。
なんかいかにもライトRPGっぽい仲間達がステキ。
炎のブレスを多用する予算が無かったのか、
ブレスと合わせて体のトゲを飛ばしてくるという珍しいドラゴンが敵(笑)
ラストは予想を遥かに上回る衝撃のB級映画的オチ!
しかも倒し方がサラマンダーと被ってるし・・・


「Dragons world」(2005年)
これは映画じゃないです。
輸入DVDでたまたま見つけて買っていたんですが、
とうぜん海外DVDなので国産のプレーヤーで再生できず(笑)
1年ばかり放置していたのですが、初期型PS2でウラワザを使えば
見れるというウワサを聞いて、試してみたのです。
んで、ちゃんと見れました!(笑)
さて、この作品は
ドラゴンが現実にいたと仮定して作られたドキュメンタリー番組です。
「生き物地球紀行」のドラゴン版みたいな感じ(笑)
この作品は、北アメリカの氷山に埋まっていた
謎の巨大生物の死体を巡る生物学者のドキュメンタリーと、
紀元前のドラゴンの生態を描いたドラマの
2つが交差しながら進みます。もちろん実写+ドラゴンは精密CGです。
ティラノサウルスとドラゴンの縄張り争いとか、
ブタの声を真似てトラを誘き寄せて狩る森ドラゴンとか(笑)
スゴイ面白い映像がいっぱいなんですね~。
生態系としてのドラゴンをこうも真面目に実写で作られると
マジ感動しちゃいます。アメリカのドラゴン好きは偉いよ!
ドラゴンの求愛行動や、夫婦の子育てとか。
生まれた卵のまわりに石のかまどを作って、
母ドラゴンがひたすら火を吹きかけて卵をあっためる。
父ドラゴンはその間に狩りに出る。ううっ、健気な動物ですね。
純粋に一番興味深かった映像作品でした!


うんうん、ドラゴン映画は思った以上にハマりますね~。
みなさんの知ってるドラゴン映画があったら、
ぜひ教えてくださいね~。
「ダンジョン&ドラゴン」以外ね・・・


そういえば、余談ですが
2年ほど前にカバヤの食玩「ドラゴン伝説」の
ドラゴンのラインナップを決めるお仕事をしたことがあります。
http://www.dagashi-ohkoku.com/item/order-kabaya/dragondensetu.html
ドラゴンファンとしては密かな自慢(笑)
当時買ってた人いるかな~?

 

2006/10/28

D&Dv3.5「ランスチャージ」キャンペーン

D&Dv3.5「ランスチャージ」キャンペーン

2006/10/28~
■日程 休祝日・月1~2回
■開始時間 AM:11:30~17:30

キャンペーン開始当初から
ギリギリの戦いを繰り返しているグループ。
ある意味、DMの戦闘バランス実験場と化している(笑)

2006/10/31

腕立て伏せ1回の恐怖

両腕骨折から4ヶ月。
リハビリを続けて
そろそろ手首も曲がるようになってきたし、
腕の筋肉を鍛えなおそうか~
と思って腕立て伏せをやってみました。

よいしょ・・・


ウボァー!?

1回で撃沈。

こ、ここまで弱っていたなんて・・・
人間、力を使わないでいるとマジダメになるんですね。

どうにかして、鍛えなおさないとッ。


よし、
任天堂の「Wii」を買うことに決定!

あれのリモコン体感型コントローラーを振りまくって
腕を鍛えなおします。

ドラゴンクエストも出るしね~♪
(結局、それかよ)


12月の発売まで「おかね せつやく」~♪
 

ホーム

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。