FC2ブログ

りゅうなべ

テーブルトークカフェでのゲームマスターがお仕事の、社長のブログ。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/04

なんと ふくぶくろを てにいれた!

あけましておめでとうございます!

年末年始の忙しさを越えて、
ようやく時間が取れるようになってきました。
遅ればせながらのご挨拶です。


大晦日と元旦は
お客様の家で鍋とボードゲーム三昧。

まるで学生の頃みたいでしたねー。

大学の頃、
サバイバルゲームをしながら年を越した日を思い出します(笑)


2日は
今年最初のミッションをこなすべく7時起き。

そう、マルイで
僕の大好きなブランド「モルガンオム」の
福袋をゲットするためです。

寒空の元、1時間ちょい並ぶ。
雨が降り始めたときは、周囲がざわっとなったけど
みぞれっぽい雨で被害は少なめ。

開店直後の店内はまさに騒然。

客の群れが走り、店員が大声をあげる。

「この風、この肌触りこそ初売りよ!」

とランバラルを思いながらも人の波に乗って上階へ。

メンズの階はわりと人が少ないかな?
と思いながらも小走りで目的の場所に辿り着くと

残りは3つ!

さっそく手にとって見てみると

全部「S」サイズじゃん!

こりゃ確かに残るわ。
遅れてきた人々の顔にも落胆の色が浮かんでる。

うーん・・・


ふっ

買った!

悲しいけど僕
スマート過ぎて着ているものの半分はSサイズなのよね!


というわけで
手に入れましたモルガンオムの1万円の福袋。

その成果は・・・

・牛革ベルト(約1万・ベルトの先を固定できないタイプ。どう使えば?)
・綿シャツ(約1万 モノトーンでかなり僕好み)
・トレーナー(7千円・色が青っぽいグレーで微妙。売れ残りとみた)
・カーディガン(約1万円・シルバーっぽいグレー。いい感じ)
・綿パン(約1万・真っ白で涼しげなので春夏用だね)
・ジャケット(約2万円・厚手の黒で金ボタン。キレイめ+ワイルド。
  気に入った!今持ってるジャケットの中でも、最も愛用する予感!)

当たりハズレが大きいと聞いていた福袋、
個人的には大満足の結果でした。ラッキー!

今年も良い年になりそうだ~。
スポンサーサイト

2006/01/08

D&Dv3.5「魔の罠の都カレーへ」

1/8(日)11:30~18:00
D&Dv3.5「死のワナの地下迷宮」のDMをやりました。
5名のPLの皆様、参加ありがとうございました。

今日も今日とてアヴィリルPLのナメタケさんが
すンごいレポートを書いてくれました!

d20ファイティングファンタジーの
「死のワナの地下迷宮」と「魔の罠の都」
のレポートですが、
なんだか捏造の度合いが上がってないかい!?


12/4(日)のセッションレポートです。

■メンバー紹介(ジブリ変)
ストライプ:そのバーバリアンではないファイターのハーフオーク
 D&D世界にまだいるんです。多分。

ラウル:「・・・・・・どろぼうさん?」「違う。僕はローグ(強盗)」

レンダイン:「魔法使いは本に呪文を書くんだって・・・・・・
 父さんは嘘吐き呼ばわりされて死んじゃった。
 でも父さんは嘘吐きじゃないよ」

ガネーシャ:「火達磨にならないパラディンは只のパラディンだ」

アヴィリル:化学

ジュリー:「コイツ喰ベテイイ?」(そのまんま)


プレイ開始前に岡田DMが
「俺は別キャンペーンでPCを三人殺ってきたばかりだ。
さあ恐怖しろ。跪け、命乞いをしろ、小僧から石を取り戻せ」
と黒眼鏡っぽく言うので、PC達は何事かと激しく恐怖した。

そしてプレイ再開。

 「サカァムビィットッ! !」(おまいらスゴイぜっ! !の意)
表彰台でサカムビット卿が叫ぶ。
やっとゴールのパーティは笑顔にっこり外面如夜叉。
お行儀良く拳を硬く握り締め、歯あ喰いしばって血ィ流す。
死に掛けた恨み辛みを隠ししっかりお礼。

「素敵なダンジョンをありがとう。サカムビット卿」

ギギギ。

賞金を受け取り溜飲を下げた一同はパレードへ。T-REXも行進だ。
観客が恐がってパニックさ。
宵になりゃ盛大なパーティーが催され、
飲んで食べておエライさんと歓談。
ストライプは軍隊からスカウト話。
「キミ、い~い身体つきしてるねっ。うちの軍に入らない?
実はバーバリアン部隊ってのを考えてるんだコレが。
とりあえず先頭切って突っ込むんだねえ。
イヤ、なんともソレだけの部隊なんだわあ」
広川太一郎喋りで口説かれ怒りゲージを溜め込むストライプ。
怒るな怒ったらみんなが喜ぶ。
(わあい、やっぱりバーバリアンだあ。てな具合)
そう彼はバーバリアンにあらず。誇り高き戦士(ファイター)だった。

翌日レンダイン先生は講習を頼まれた学院で絶叫ライブ。
「いいかお前ら!ウィザードは選ばれた者だ。本読み学ぶ狼だ。
ソーサラーは怠惰な豚だ。なんとなく魔法を遣う×××野郎だ!
狼は生きろ。豚は死ね!
今こそ世に蔓延るソーサラー共にウィザードの偉大な_______」
ウィッシュを覚えていない学院長は死ねとか言い出しそうな辺りで
お目付けのラウルが先生を連れ出した。
ウィザードの聴講生は涙を流して見送った

盛大な催しにはちっとも興味の無いドルイドのアヴィリルは、
ジュリーと解放したT-REX(付けた名前はヒロミ号)と故郷に。
途中、国を通る度に軍隊やらと何かあったが、彼女らは無事だった。
「ジュリーもヒロミ号もあんなの食べちゃダメっ。でも、まっいいかっ☆」
(元気なドジッ娘キャラ気取りで何を食したか誤魔化し)

「ガイアのご帰還だッ」とばかりにラプトルが整列し迎える故郷の原野。
ヒロミ号が早速キリンなんかを豪快丸かじりするのを見て、
ライバルの巨象(軍隊より強い。そのうちオーガっぽいヤツに超暴力される予定)
も喜ぶここはロストワールド。
アヴィリルは村で覚えた蛸の化身を披露し拍手喝采を浴びた。


レンダイン先生始め一行は
倒したリッチーのブラックモアが一週間後に復活するのを知り追う構え。
リッチーが化身した本はカレーの街の方へ飛び去ったと分かり、
買い物&アイテム作成で準備バッチリ新装備。

で、出発。
途中グリフィン五匹の編隊が恐るべき出目(14以下を振らないDM)
で強襲。
しかしパーティはそれ以上の出目で反撃だ。
「ネビュラッチェーンッ!」
ハーフオーク瞬の繰り出すチェーンが
次々と切り刻む(クリティカル2連続)。
そこへガネーシャ振るうヴィシャスの剣が秘められた破壊衝動をエネルギーとし炸裂。
気ン持ちいぃぃいっ」(独歩顔)でダメージ爆発。
自分へも爆発(反動の1D分のダメージ6ばっか)。
横行する破壊意欲。破壊。破壊。破壊だ!_____戦いは終わった。


 辿り着いたカレーの街はスゴかった。
そこここでカレーが湧き立ち、それをパイプラインで他国へ輸出。
実にスパイシーな所。

入って早々、
衛兵からライカンスロープ侵入を防ぐ為の24時間拘束を命じられる。
アヴィリルは
「ライカンスロープなんかじゃありません。
 わたしはドルイド。証拠はこれです」
言うや否や熊に化身

鳴り響くサイレン。
「熊だ。熊のライカンスロープだっ! 総員迎撃! !」
襲い来る衛兵達。迎え撃つ正義のパーティ。
「ガネーシャ、面白くなって来たな」
「害虫駆除といくか。ストライプ」
ハーフオークのフレイルが唸り、パラディンの剣が切り裂く。
ラウルの矢が面白いように貫き、レンダインの魔法が冴え渡った。

そして熊と狼が吼えるとカレーの街は一夜で滅んだ。



妄想終了。

囚われの身の老人を救い出し街のことを聞く。
話によると、四人の権力者が四行詞を分割して保持しているようだ。
四行詩という単語に地獄に堕ちた街を連想する一行。
すると賢者の塔にお住まいのポロンさんが現れ、
「右手にカレー、左手にゲヘナ。
 合体!犯罪都市『辛都市(SIN CITY)!!』」
愛さえも戦いの都市ここに豪誕。
それを見た業魔殿勤務のヴィクトルさんが呟く。
「やはり失敗してしまったか」

愛はともかく、
ここはあまりの治安の悪さに自宅を
罠で囲って守るというトチ狂った街だった。
ラウルは罠に掛かれるのがとても嬉しそうだった

とりあえずうまいモンでも喰うべえかとゾロゾロ移動。

路地に入るとドラウエルフ三人が手招き手招き。
興味津々ガネーシャを先頭に招かれるとそこは阿片窟。
興味津々ガネーシャは事もあろうに
何か勧められる度に幼子の様にコックリ頷き
アレを吸いコレを試し三昧
勿論高すぎるセーブの為全く何も感じないのだが
そんななかこの街の空気に触発されて
今まさに精神テンションが
貧民時代に戻っているラウルが家捜しを敢行
黒い仮面を発見し怪しさのあまり手に取ると、
ドラウエルフの一人が20の出目の鋭い眼光で見咎めた。

「なっ!何をするだァーーーーーッ ゆるさんッ! 」

怒りのあまり誤植っぽく叫ぶや襲い掛かってくるゥ!
瞬時にラウルが血ダルマになり、ガネーシャが助けに。
ヴィシャスの剣が爆発し、おっかねえダメージでドラウエルフは即死した。
ヒィッ!?コレってヤバくない!?(DM「悲しいけどコレって強盗なのよね」)
残る二人のエルフが「このドラウエルフッ 容赦せん! !」と向かって来た。
落ち着くために心の中の師匠の声を聞くガネーシャ。
師の声は哀しみに満ちていた。
「怒りや憎しみで剣を振るってはいかん」
「ドラウエルフですが」
「何、さっさと血祭りにあげろ!足の小指からすり下ろしてやれっ!
 とっととやれこのノロマ野郎ッ! !」

白目を剥いて怒鳴り散らす中の師匠。
そのうち大師匠と兄弟子も一緒になって喚き散らすので、そっと心を閉ざした。
ドラウエルフは悪だがここで皆殺しはホントにやりすぎだ
とりあえず逃げ出す一行。

現場から離れ一息つくとラウルを殴るガネーシャ。
「何故殴られたか分かるか?」
「俺がビズをしくじって___」
「違うな。拳を避けなかったんだ、分かっているだろう?
 ・・・・・・二度とやるな」
ガネーシャが手を差し伸べ癒しの力で傷を治す。
「ラウル、お前が死ななくてよかった」
二人共其れきりこの話題を口にしなかった。
カッコイイシーンだが、
ガネーシャが剣の柄を握り締め始終カタカタさせていなければ
もっとカッコよかったであろうし、
ラウルが内心「次はもっと巧くやろう」とか考えていなければ
もっともっと感動的であったろう。
(ここは実際PL同士でも議論が交わされ、
 あからさまな犯罪行為は控えようと再認識したトコ)

そんなこんなで人の目を逃れての移動。
気分も実態も犯罪者
目立ちたくないが動けばトラブルがこの都市のウリ。
今度は前方に倒れ伏している人発見。
近付けば襲い掛かるリビングコープス。
こんなモノが動き廻るここは魔界都市「辛都市」。


権力者の一人伝道師トルバインのいる礼拝堂に行くと、
子供が脚を治してもらったと笑顔で話す。
何でも諮問しているだけで悪いところを治す男らしい。
そうきっとここは奇跡の村「辛都市」。
奉られているのは
悪意の神スラングという怪しさ充填率120%「波動砲で撃てい!」な感じ。

とりあえず置いといて先に学者ロルタグゥのとこへ。
面会した老魔術師にして学者の男は悩んでいた。
手元にパズルが。
「で、だ。パズルが解けないから他の事は考えられないというわけか」

「うぐぅ」

イタイ声をあげるロルタグゥ。
お悩みのパズルはラウルが10秒で解いた。
「あんたバカァ?こんなのも解けないのか?」
「うぐぅ」ますますイタイロルタグゥ。
しばし後、彼は正気と威厳を取り戻し語り始めた。

_________と、いうところでまた次回。

2006/01/15

地球を救いました

この土曜日は開店から閉店まで
お客様でいっぱいの日。

疲れましたが、とっても充実した日でした。

ブルーローズのプレイヤーができるなんて
まったくレアな体験だぜ!

おもしろかったぜ!

月から地脈を操って、地球を救う壮大なお話です。

ジェイソンが成仏するシーンはマジ泣きしました。
残されたホッケマスクとチェーンソー・・・


関係ありませんが
明日はマルイのスパークリングセール2で買った
ニットを着ていきます。

これが、めっちゃカワイイんです!

色といい、デザインといい、
優しさとカワイさがにじみでるぜ!

そう、
あしたカフェで僕に出会った人間は
1秒後に必ず「かわいい」と言う!(ズギャーン)

2006/01/27

ライターデビューしました

みなさん、楽しいお知らせです。

この度、岡田がライターの一人を努めた本が
徳間書店から発売になりました!

発売日は昨日の1月26日。

わーわー。すごいっ!

僕を応援してくださったお友達&お客様のみなさん、
本当にありがとうございます!


タイトルは

「頭のいい人のブログ、悪い人のブログ」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198621071/
です。よろしく!

タイトルの通り、ブログの本です。
人気ブログを作りたい人のためのノウハウ本です。

僕が書いた部分はストーリー部分です。

恋する女性を振り向かせるために
ブログに取り組む(笑)青年サトシのお話です。

結構書いてるので、ゆっくり楽しんで読んでもらえれば幸いです。


ちなみに今現在、アマゾンではバッチリ売り切れているようです。
(1/27 11時追記:再入荷したいみたいです!)
嬉しい超人気!?

どうしても欲しい方は書店へ疾走!
大手の本屋さんでは
パソコン系のコーナーに平積みしてるハズですよん。


それでもってこの本には、
僕のTRPGセッションに出てくる
PCとNPCがちょっとだけ登場しています(笑)

登場しているのは・・・
・D&D死の罠の地下迷宮キャンペーンに登場した「スッシーマエダ」
 &サカムビット卿
・トレイダーズの「古代げ船長」
・D&Dシナリオ集キャンペーンのサフラン

心当たりのある方はぜひ探してみてください。

実際にはもっとたくさんいたんですが、
だいぶカットされてしまったようです(あたりまえ)

パイ投げ呪文を使うガルダ先生は
おしくもカットされてしまいました。
プレイヤーのMさんゴメンナサイ(笑)

ほかD&Dネタや特撮ネタも微妙に収録。

こんな○万部も発行されてる本に、
ネタを仕込んだ勇気を讃えてください。

編集会議にテーブルトークカフェを何度か使ったので、
カフェのアドレスも著者紹介と一緒に巻末に書いてもらいました。

ナイス宣伝♪

そんなわけで
ブログの書き方が気になる人や、
岡田GMのライティングが気になる方は

「頭のいい人のブログ、悪い人のブログ」

をぜひぜひ読んでみてくださいな。オモシロイですよ!

2006/01/29

出版記念パーティ

ナメタケさーん、
本買ってくれてありがとうー!

バッチリ、
スッシーマエダとサカムビット卿が出ていたでしょう(笑)


さてさて、今日は昼から
「頭のいい人のブログ、悪い人のブログ」
の出版記念&ライティングメンバー新年会に参加してきました。

みんな、おめでとう~!

なんだか
だいぶ売れているとの情報が飛び交って、
実にウハウハな感じじゃないか~。

お酒もたくさん飲みました。

金箔入りのシャンパンで豪華に乾杯!

金箔っちゅうと、リッチに聞こえますが
がんばれば、わりと安価に手に入るとか。

他にも美味しいワインとシャンパンを
めいっぱい堪能してきました。


ライティングメンバーの仲間は
ほんとに素敵な人たちばかりです。

本が出たことも嬉しいけど、

この人たちと出会えたことにも感謝!

ホーム

Home

 

プロフィール

「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま

  • Author:「竜と鍋が好きな」岡田   りゅうなべ絵:ちま
  • 2004/11/15より運用中
    E-mail:
    okada.gm(あっとまーく)gmail.com

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

amazon

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。